YU-LALA

大型犬のトレーニング、犬ご飯、健康のこと、毎日楽しみながら暮らしています。

朝の生食〜犬に塩分〜塩こうじ・味噌

朝ごはん^^

鳥胸肉・鶏ガラ半羽・トライプ・ニンジン・リンゴ・キャベツ
ライス・消化酵素・塩こうじ少々・オリーブオイル・ビール酵母


犬に塩は必要か?

私は生食ワンコの場合少々必要^^と思います。

犬に塩分はいらない!味付けは必要なし!とずっと思っていたのですが・・・
フードには長期保存するために塩分がはいっているそうですね。

なので塩分はこれ以上いりませんよ!ってことで犬に塩気はダメってこと
みたいです・・・

生食の場合、お肉やお魚に極少量塩分もあるようですが
上質のミネラルタップリのお塩やお味噌を少量時々混ぜることも良いみたいです^^

そんなことでうちはしばらく前から塩こうじを入れてます♪



こうじにはデンプンをブドウ糖に分解する酵素(アミラーゼ)、タンパク質をアミノ酸に分解する酵素(プロテアーゼ)、脂肪を分解する酵素(リパーゼ)、食物繊維を分解する酵素セルラーゼ)などなど、私が良い!と思う酵素がたくさん入ってる♪



この酵素の働きで、麹は穀物が分解されて作られた糖、アミノ酸、ビタミン類などを豊富に含んでいるそうで。



塩こうじにつけるとお肉が柔らかくなるのもタンパク質からアミノ酸に麹菌の中にいる酵素が分解するからなんですね^^
ホントは自分でアミノ酸に分解しなくちゃいけないことを塩こうじは手助けしてくれる!



すると胃腸の負担が軽くなる!

胃腸が弱い子は食べ物を消化するのも苦手なので
充分消化されないまま腸へ流れ食物分解もキチンとできないまま腸から吸収されたり消化不良おこしたりで食物が異物みたいなことに
なっちゃって体にアレルギー反応が出たり、ゲリッピになったり・・・!なんて・・・どこかで見たような気がするけど!?


そりゃ〜吸収できそうもないいらないものが入ってきたら体は他の方法でなんとか外に出そうとしますわな^^;

アトピー・ゲリ・涙やけ・毛がベトベトする・体臭・・・・全部外に出そうとするサインかも^^;

アレルギー持ちの子は胃腸が弱い子も多いような気がしますが(うちはまさにそうです^^;)

違うとこから考えて
皮膚に対してお薬塗るよりもお腹の調子整える方が早いかもね〜なんて思ったりもしますが・・・


だからご飯をある程度分解したり補助食品の助けをかりてお腹の中に入れればいいんだよね^^
これはおかゆみたいにクタクタに煮て消化をよくすることとはちょっと違うと思うかな。



でもそういうことをやってみて・・・


体が楽!


消化にかかっていたエネルギーを体の成長や修復に使える!



内臓に元気がついてくる!



結果・・・太れる、筋肉がつく、アレルギーがよくなる、毛艶がよくなる、涙やけ、なんかの
     トラブル改善につながるのかな?って思いますが・・・いかがでしょ〜^^


タンパク質を多めに取ると便がゆるくなるアドニス・・・
でももう少し取ってもらいたいなあなんて子にはこれもいいんじゃないかな?



塩こうじがあればOK!ってことはないですが^^;
ご飯の補助ってことで食材にまた一つ追加していこうと思います。



アドニスが使って調子がいいお助けマンたち♪
 ・野菜、野草酵素
 ・タンパク質分解酵素
 ・パセリやバジルのハーブ類
 ・しょうがやにんにくの薬味類(あげすぎはダメよ)
 ・セロリやリンゴやニンジンの野菜ジュース



いただきま〜す^^


ぽちっとおねがい^^

にほんブログ村


ぽちっとありがとう♪
にほんブログ村 犬ブログ ジャーマンシェパードへ
にほんブログ村